親子鳴り独楽

画像


今回も空き缶で作った鳴り独楽です。
前の鳴り独楽は大きな音でしたが、初めの音と、二回目の音の間に、無音の時間ができます、連続して音が出ないかと作ったのが、この「親子鳴り独楽」です。
鳴り独楽の音の出る仕組みは、缶に開けた穴に空気が当り、振動して音になりますが(笛、ホイッスルなどと同じ)、缶の径、穴の大きさ、穴の数、材質、回転数、等に関係が有るようです。
鳴り独楽を、大小いろいろ作って、缶の直径が違うと、音の大きく出るときの回転数が違うことは、何となく分かっていましたので、径の違う二つの鳴り独楽を、重ねて回せば、お互いに無音の時を埋め合うのでないかと、作ってみました。
回してみると、無音の時間は少なくなりました、また音の重なっている部分もありますので、大小、缶の径をうまく組み合わせると、連続して音の出る鳴り独楽ができると思います。
音の重なっている部分は、前回の独楽より、更に大きな音が出ます、また三回鳴りの音を聞くことができます。その鳴りかたを、聞いていただけますか。





親独楽の上に子独楽、その上に孫独楽を乗せても、音がつながると思います。


                                            元ブログ(Up2009/07/29)から引越し。

       創るたのしさ 知るよろこび もりの工作室

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0