半自動シャボン玉製造機

壊れたドライヤーの羽根を使ったシャボン玉製造機。 シャボン液をつけるのは手動なので、半自動としました。 羽根を回すモーターをミニ4駆のモーター(シャフト径とモーターの横断面形状が同じだったので取り替え簡単)にして、単3電池2本を使います。 空気の出口には、ストローで作った整流器が入っています。 スイッチは、本体が水平位置より上に向くとONになるようにしてありま…

続きを読む

サイクロン集塵機

この一年、住まいのリホームで大忙し  リホームで便利に使っているがサイクロン集塵機、プラスチックの塵入れを使い、掃除機のモーター(680W)を使って吸い込みます。モーターカバー、外筒、内筒、等は、紙管を使い、コーン状の筒はケント紙3枚重ねで作りました。 内筒の吸い込み口に針金の枠を取り付け、掃除機の紙パックを被せていますが、セメントなどの粉塵を吸い…

続きを読む

誰もいない公園

今年最後の参加イベント、文化センターの「子どもひろば」も無事終り、ホッとしています。 上の写真は「第19回子どもひろば」の「ケセランパサラン~せいでんきとあそぼう~」で子どもたちに動かしてもらった「誰もいない公園」です。 下の木の箱は発電機、手前の小さい箱の、赤いボタンのSWを子どもが押して、モーターを回し静電気を発電します。 誰もいないと思ったのですが、子どもが静電気発電機のSW…

続きを読む

独楽ストラップ

「CDVD独楽」を下げられるストラップです。 独楽を加工しないで、取り付け取り外しが簡単にでき、それでいて引っ張っても取れないようになっています。 携帯かバッグにでも付けておけば、いつでも独楽を回して遊べます                                                元ブログ(Up2010/04/03)から引越し。…

続きを読む

発電棒2号

テレビ見ながらゴーロゴロ、新聞見ながらゴーロゴロ。 発電棒1号を改良してみました。外形寸法、長さ19cm、太さ3.8cm、質量220g。単1電池2本の懐中電灯と比較して、大きさはほぼ同じ、質量は軽くなっています。 1号の発電機はコイルを巻き直しましたが、2号はボビンの空いてるところに追加して230回巻きを330回巻きとしました。 転がして約3Vの交流が発電されます、…

続きを読む

発電箱

自転車用の発電機ハブダイナモを、一升枡に入れて、手回し式の発電機にしてみました。ハブダイナモ(前輪の車軸に付いてる発電機)は回転数約2/秒回転で定格出力(6V2.4W)が出ますので、直結手回しで使えます(早く回すと無負荷で10V出ます)。 出力は定電流回路を組み込んで、LEDライト(白色LED4個)を点灯します。パソコンなどのUSB端子電源を使う、おもしろグッズが色々有りますの…

続きを読む

独楽まわし

これは、心棒の無い独楽を回す道具です。 コマに成りそうな物を回す道具です。 筒の中に、マブチモーター、タクトスイッチ、単3電池、が入っています。 上の写真で、左から電池三本用、二本用、一本用と並んでいますが、独楽の大きさ、重さによって、使い分けます。 写真の手前に付いている黒いリングは固めのスポンジで、これを独楽に当てて、軽く押すとモーターが回ります。 独楽を回す様子を、動…

続きを読む

ヒューヒュー独楽

6Pチーズの箱を使ったブンブン独楽です。丸い面の中心と、側面に4つの丸穴を明けて回すと、空気を中心の穴から吸い込んで、側面の穴から出る流れができます。中心の穴の位置に、間を空けた2枚の板に、穴を明けた笛を付けて回しますと、ブンブンでなく、ヒューヒュウと音がでる独楽ができました。 この箱は、内容量150gですが、以前は170g、最近のは120gと大分薄くなって、中の仕掛けが作りずらくなり…

続きを読む

ケサランパサランと遊ぼう

文化センター「子どもひろば」の「ケセランパサランと遊ぼう」大成功  化学繊維の「ケセパサ」を、風船で上手に操って、天井近くまで浮かせる子どももいました。 また、いろんな素材で、擦る物、擦られる物にできる静電気の極性を確認したり、静電発電機を使ってパチパチの火花に驚いたり 面白い動きを楽しんだり しました。 初公開の手動…

続きを読む

デイロッドベービー

やっと完成しました、誘導型静電発電機「ディロッドベービー」  誘導棒の部分は2年前に出来ていたのですが、「子どもひろば」で遊んでもらおうかと、箱の中で眠っていたのを取り出して、完成にこぎつけました。 A,D,ムーア博士の「ディロッドジュニア」を小さくして、自分が静電気を作っているという感覚で遊べるように、手回し式にしました。 また、プラスチックケースに入れ…

続きを読む

静電気は恐ろしい

                          3匹のケセランパサラン 「子どもひろば」「ケセランパサランと遊ぼう」でしたが、湿度が高くて、ケセランパサランの機嫌が悪く、浮遊できまませんでした。 大勢、遊びに来てくれたのに、ガッカリ 毛皮でこすった風船も、静電気が弱く、ケセランパサランは無理でしたが、他の実験材料で遊んだり、静電発電機でギッコンバッタンし…

続きを読む

ケセランパサラン

「幸せをよぶ」と言われる綿毛のようなケセランパサラン、またの名はケサランパサランです。 未確認生物ですが、夢があっていいですね。 下の動画は,我家で浮遊しているケセランパサランで、静電気を食べています   化学繊維をほぐして作りました。             映りが悪くて、ごめんなさい      …

続きを読む

空気砲の的

「区民まつりも」無事終わり、ホッとしています。 「試してみよう空気砲」では、ペットボトルとゴム風船で作った小さな空気砲から、段ボール箱で作ったもの、MK式空気砲を、子どもから大人まで大勢の方に体験していただきました。 空気砲を体験していただくとき、煙を使って空気の飛んでいく様子を、見えるように出来れば分かりやすいのですが、今回は、約5mはなれて的を置き、その後ろにカーテンを下げて、空…

続きを読む

MK式空気砲

ポリの塵箱、広巾の輪ゴムを使った空気砲です。 口径10cm、射程距離10m以上。 狙いを定めて ボン  イベント「区民まつり」にて、子どもさん相手の「試してみよう空気砲」を行いましたが、親御さんがハマッテいました                                               元ブログ(Up2009/0…

続きを読む

自動シャボン玉製造機

                  上側の丸穴が音出し用スピーカー、下側の丸穴は空気取り入れ口                            裏蓋を外して中を見る   この箱な~んだ シャボン玉が出てくるよ  「シャボン玉飛んだ、屋根まで飛んだ」のメロディが流れるなか…

続きを読む

着磁機

この箱な~に   棒磁石を作る器械だよ~ 箱を貫通した穴の中に、釘やボルト、針金、ピアノ線などを入れて、スイッチを2~3秒押すと、棒磁石の出来あがり。 箱の中には、内径2cmのエンビ管に、線径1mmのエナメル銅線を300回巻いたコイルと、ニカド電池4本が入っています。 磁石は強い磁場の中に,磁石にする材料を置いて作りま…

続きを読む

がちゃ子

田畑の鳥害を防ぐのに、鳴子と言うものがありましたが、其れと似たようなものを空き缶で作りました。 作った動機は、イベント「子どもひろば」で、組み分けした三つの空き缶を、ばらばらにならないように、凧糸で縛って束ねていたものを、子どもたちが凧糸を持って上下に動かし、カランカランコロンと新しい遊びを考えました。 タイミングよく音を出せる子と、要領がつかめず、カラガチャガチャとなる子といろいろ…

続きを読む

サボテンの花

サボテンも、小さな体で毎年頑張っています。                                               元ブログ(Up2009/05/30)から引越し。      創るたのしさ 知るよろこび もりの工作室

続きを読む

独楽の台

独楽の片付け用の台です。 独楽を回すときに使うお皿や、独楽に使うCDも、一緒に置けます。 また横木のところに、磁石が付いていて、心棒に鉄線を使った独楽は、ぶら下げて回すことができます。                                               元ブログ(Up2009/05/16)から引越し。   創るたのしさ 知るよろこび もりの工作室

続きを読む

植木鉢の花

息抜きに育てている花です。 上は蕾みが一つずつ開いて、長いあいだ花が楽しめる、バロータ スペシオサで、下は甘い香りのつよい日本水仙、です。                                               元ブログ(Up2009/04/19)から引越し。      創るたのしさ 知るよろこび もりの工作室

続きを読む

回転木馬

下の、ビニールボールで作ったエアーポンプで空気を送ると、ケースの中に入った、木馬(あっ尻尾がない、付けるの忘れた)の乗ったCD盤が回転します。 CD盤の下のケースの中に風車が入っていて、空気が当ると回るようになっています。 エアーポンプの接続は、ペットボトルの口を使っていますので、大きいの、小さいの、ホースなどと取り替えられます。             …

続きを読む

垂直上昇機

オリジナルのゴムカタパルト、競技用の紙飛行機です。 3分18秒の公認記録を出し、足元に無事帰還した、珍しい機体です。 広い公園で、大空を滑空する、紙飛行機を追っかけていますと、気分爽快、健康にも良いし、楽しいですよ ただ、回りに注意しながらも、安全に飛ばせる、広い公園(場所)が都内に数少ないので、困ります           …

続きを読む

ロッカー(ゆりっこ)

A.Dムーア著「静電気の話」の中に出てくる「ロッカー」、平面型蓄電器の上で、+極、-極の板が、時々放電しながら揺れ続けます。 その様子を動画にしましたので、ご覧になって下さい。                                               元ブログ(Up2009/03/14)から引越し。      創るたのしさ 知るよろこび もりの工作室

続きを読む

ボスも震えるビックリ缶

人を驚かす、いたずらグッズです、びっくりした人に、あとで これ何、あ~驚いた と笑ってもらえる程度の悪戯です。 BOSSの缶コーヒ、上から飲まないで、下から飲みます。 昔はジユースの缶詰、上に二つ穴をあけて飲みました、缶用の穴を明ける道具も有りました。 プルトップが開いていないので、コーヒが入っているように見えます。 底を開けて、中に…

続きを読む

ふろほたる

お風呂にポチャンと入れれば、イルミネーションが疲れを癒してくれます 富士の35mmフイルムケースですが、水深60cmぐらいの水圧では水が入りません。 本体と蓋との間に塵が挟まるとか、傷が有る物は使えないので、試験する必要はあります。 この中に、LED、電池、SW,錘、(電子部品は簡単な配線をする)を入れて蓋をします。 L…

続きを読む

独楽台

独楽の片付け用台です。台板にMDF(中密度繊維板)を使いましたが、板の表面もきれいで、鉋やサンドペーパーでの仕上げも要らず、良いのですが、塗料のニスを良く吸い込みます。 木材に塗装するとき、目止め、ステインによる着色はせず、ウレタン着色ニスを2~3回重ね塗るようにしていますが、これは5回塗り重ねました。                                        …

続きを読む

発電棒1号

テレビ見ながらゴーロゴロ、新聞見ながらゴーロゴロ、ながら族ぴったしの発電機です。 自転車用の発電機を、低速回転用に改造し、長さ約35cmの紙管の先端に付け、反対側を持って、床の上を、扇形に往復運動させて、充電式電池に電気を貯めます。 灯りがほしい時に、スイッチを入れればLEDが点灯します。 改造した自転車用のローラー発電機は、定格6V、2.4Wとなっていますが、これは回転数…

続きを読む

針研磨機

絵を描く(色を付ける)方法にエアーブラシと言うのがありますが、これに使う道具にハンドピース(精密に作られた霧吹きのようなもので、写真の下に写っています)があります。 このハンドピースの部品の一つに、ニードルと云われる細い針が有りますが、使っていると、針先を曲げたり、潰したりします、これを元にもどすのにピンセットで伸ばしたり、油砥石で研磨しても、まず元のようにはなりません。 プロの方た…

続きを読む

リサイクルボックス

リサイクルする物を、回収する箱ではなく、リサイクルされた箱です。 ある所で、節分の日に「福は内」とまく、お豆を入れた古い一升枡です。 焼印が押してあったり、その年の干支が描いてあったり、なんとなく薄汚れていましたが、鉋をかけたり、磨いたり、仕切りを作って、ニスで仕上げました。この形になれば、実用品として、皆さんに、喜んでお使いいただいております 小さい一合…

続きを読む

ネオンの花畑

ネオンランプを10ヶ直列につないで静電気で発光させます。 15~20ヶでも発光しますが、2枚の鏡を使って60本のお花畑にしました。 下にあるのは、以前に見ていただいた、箱形の静電発電機です。 発光のようすを動画にしましたので、ご覧になってください。                                               元ブログ(Up20…

続きを読む

行こか戻ろかプーリーの上を

理科にでてくる、摩擦力を勉強するときに利用される実験道具です。 上にある、左側の大きいプーリーが時計方向、右側の大きいプーリーが反時計方向に回っています。 そのプーリーの上に棒が乗っていますが、二つのプーリーにかかる、重さの大きい方が、摩擦力が大きくなり、そのプーリーの回転方向に棒は移動します。 棒が移動すると、移動した方のプーリーにかかる重さのほうが大きくなり、摩擦力も大…

続きを読む

マクスウェルの独楽

縁起が良いと言われる独楽です。 「すじが通って一本立ち、知恵が回ればお金も回る、形も丸く円満に、辛抱強く倒れない」ですが、それに加えてこの独楽は、回転が止まっても、倒れません、回転台の上から落ちません。 このマクスウェルの独楽は、独楽の重心と独楽の支点が同じ位置になるように作られた独楽で、回転台の上で回します。 普通の独楽が、軸が傾いたときに、その軸の先が円を描く、味噌すり運動があ…

続きを読む

巻き線機

電磁石のコイルを作るときに、絶縁銅線(エナメル線、ポリウレタン線)を巻きますが、手作業で扱える細い線では、直径0.1mmが限界のようです、また、むらなく綺麗に巻くのは0.3より太い線になると思います。 その細い線を、何千回も巻くとなると(例えば、以前に見ていただいた「永久独楽」に使っているコイルは、約6000回巻いています)大変な作業になります。 それで作ったのがこの機械です…

続きを読む

ちょっ灯

夜中の目覚めとか、押し入れの中の物捜しなど、ちょっと明かりがほしいときに、消し忘れのない、ランプです 丸いあたまを、ポンと押せば、豆電球が灯り、 約40秒後に、自然に消えます。 単3電池2本を使った、懐中電灯のような物ですが、トランジスタ2ヶと、抵抗、コンデンサを組み合せた、電子回路が入っています。電子回路について、専門的な知識はありませんが、図書館に行けば…

続きを読む

縦軸可変速研磨機

以前に見ていただきました、横軸可変速研磨機と同じ組み合わせですが、ミシンモータの出力が1.5倍、ベルトによる減速比を大きくして約20:1、チャックの回転数は、トライアックコントローラで、約0~300rpmになりす。 力が強くなったので、チャックも大きくして、直径13mmまで使えるようにしました。 回転数が低いので,研磨などの作業効率は落ちますが、止まることはありません。 使…

続きを読む

静電気検出器

断衝材(パッキング)、クッション材、として使はれている、発泡スチロールの小さな粒ですが、ペットボトルやガチャポンの容器に入れて、手でこすったり、それに、帯電したものを、近ずけると、粒が、引き寄せられたり、反発したり、飛んだり、跳ねたり、面白い動きをします。 白一色では面白くないので、灰色の粒の混ざったのを入れて、遊んでいましたが、白いのは、マイナス(-)に引き寄せられ、灰色のは、プラス(+)に…

続きを読む

ガチャポン小物入れ

ガチャポン(ガシャポン、ガチャガチャ)のケースと、アルミボトルのドッキング。 アルミボトルの口の部分を切り取ったものと、ガチャポンのケースに穴をあけたものを、エポキシ接着剤で、くっ付けました。 上半分が、透明で、中が見え、蓋を取り替えて、中身の目印に、便利に使っています。 まとめて置くのに、3個入れのケースも作りました。                                …

続きを読む

CDVD独楽

ゴミになってきた、CD、DVD。 捨てる前に、独楽にして遊ぼうと、作ったものです。 カラフルに印刷されたものは、回すと色が混ざって、虹のようなグラデーションになり、綺麗ですよ。 ご覧になった方が「どんぐり独楽」ですか?と聞かれますが、これは木の丸棒を約3cmに切って、中心に心棒をとおし、回しながら加工しています、仕上げはニスを使いました。 CD、DVDを、あれこれと、取り替え…

続きを読む

ヤー治郎兵衛さん南はどちらですか

            自転車のスポークを、弓なりに曲げて作った弥次郎兵衛ですが、スポークに、着磁していますので、南北を指して止まり、簡単な方位磁石になっています。 乗っている台ですが、瓶の蓋と、傘の軸、その上にM4のナットが付いていいます。 ナットは台を他のことにも使えるようにと、付けました。 この弥次郎兵衛では、六角ボルトを使っていますが、他に、横木を付けるとか、軸を延長…

続きを読む

永久独楽

昔からあった永久独楽(永久と言っても、使っている電池が無くなれば?、電池は有るんですよね?、まあ電池の電気が弱くなれば止まリます)ですが、もう少し大きい独楽を回せないかと作ったのが、この独楽と台です。 台の中には、手巻きのコイルとトランジスタ1ヶ、電源に9ボルトの電池が入っています。 独楽はアクリルの円盤に、ネオジム磁石(一番大きい独楽で直径5mm、厚さ3mmの磁石を6ヶ)を埋め…

続きを読む

変形鏡映図

昔、昔、その昔、写真印画法を利用しで作った「変形鏡映図」(アナモルフォーシス)です。 変な絵を、円柱形の鏡に映して見ると、まともに見えると言うものですが、今、便利に使っているパソコンが、世に姿を現す以前に、写真の引き伸ばし機を使って作りました。 現在では、アナモルフォーシスを作るソフトも有ります。                   どなたの似顔絵でしょうかね~ {%ブ…

続きを読む

大型カンカン独楽

カンカン独楽とよんでいますが、使っている材料は、送風機と、モータの、ケーシングの部品を組み合わせ、8mmのシャフトを通して、上の握りは木で作っています。 仕上げは、金属の部分は合成樹脂塗料、木の部分はウレタンニスを使いました。 大きさは、直径18cm、高さ15cm、重さは、650gです。 握りを持って、紐を巻いて引っ張る、糸引き独楽の種類になります。 回っている時間は、長さ120…

続きを読む

静電気タワー

パチッ. とくる静電気ですが、下の動画のようなことも、してくれます。 上の動画で弥次郎兵衛が回っているのが「ハミルトンの風車」(「ハミルトンのはずみ車」とも言います)で、一種のイオンエンジンでしょうか。 その下が「フランクリン モータ」で、これは、いま使われている電気モータが出来る前に、凧を使って、雷が静電気の放電現象であることを発見した、アメリカのベンジャ…

続きを読む

踊るバクテリア

おもちゃと言うか、なんと言うか、変なものです 箱の中と、薬のカプセルで作った、巨大バクテリアに仕掛けがあります。 箱の中には、ACアダプターのトランスを改造した電磁石、デジタルICを使ったインバータ、トランジスタ、タイマー、振動スイッチ、などを組み合わせた,電子回路が入っていて、単3電池2本を使って、電磁石のS極、N極を、交互に変えるようにしてあります…

続きを読む

さかフック

いろいろと,材料道具が部屋いっぱい、天井にもぶら下げるしまつ、それでもまだ場所がほしい、そんなこんなで作ったのが、さかフック。 ゴミになっているビニール傘、手を加えて逆さまにぶら下げて、骨の数だけフックになり、くるくる回せるので引っ掛けたり外したりも楽にでき、便利に使っています。                                          …

続きを読む

風船オルガン

ピアニカ、ゴム風船、ビニール浮き輪用ポンプ、この三つを三又ジョイントでつないで、ポンプを足元に置くと、足踏み式のオルガンになりました。 風船を使わないで、ポンプをピアニカに、つないでもよいのですが、空気が途切れますので、空気を風船に貯めながら、ピアニカにおくります。 音の強弱は、風船を押さえて強く、風船の口元を指でつまんで、弱くすることができます。 三又ジョイントは、ペン軸と、ペッ…

続きを読む

億華鏡

                              接眼側より                               飾りガラスを見る 神秘的な、美しい世界を見せてくれる万華鏡ですが、その美しい世界を、万華鏡で覗いたら、 さぞかし だろうと、これを作りました。 テレイドスコープ タイプの、この億華鏡(万×万=億)は、筒の中に、正三角形…

続きを読む

横軸可変速研磨機

                           正面                            背面(ディスクグラインダー砥石付き) 18年間、工作の手助けをしてくれている、手作りの道具です。 金属の丸棒を磨くのに、電動ドリルを使っていたのですが、専用の道具が有ればと、手もとにあったミシンモータを使い、ベルトで減速、トライアックコントローラで、回転数の調節ができる…

続きを読む

電磁石

電池メーカーのコマーシャルではありませんが、手元に有った、コの字形のコイルの鉄芯と、乾電池を使ってどのくらいの強さの、電磁石になるか、これを作ってみました。 コイルの鉄芯(珪素鋼鈑使用)の断面は12×8mm、その上に、直計1mmのエナメル線を400回巻き、電源には、単3アルカリ電池2本を使っています。 結果は写真のように、習字用の文鎮(軟鉄製)を介して、ダンベルが…

続きを読む

竪型整流送風機

直径15cmの送風機には、AC100V、0.23Aのフアンモーターを使い。整流器にはストローを使っています。 風力は、トライアックを使った、外部コントローラーで調節します。 整流された風は、風船を浮かすだけでなく、枠を立てて、糸で吊るした翼形の膨らんだ方に浮力が生じることを見たり、柱を立てて(写真は無し)風車、プロペラ、等の形による回り方の違いなどを見ることができます…

続きを読む

Xジャイロ発進機

「Xジャイロ」とは、フリスビーのように、飛ばして遊ぶもので、直径約10cm、長さ約6cmの輪ッパで、腕力の強い人が上手に投げると、100m以上も飛びますが、投げ方が難しいので、小さい子供には遊べません。 それで小さい子供でも飛ばせるように、この「発進機」を作ってみました。 マブチモータを単4電池2本で回し、「Xジャイロ」を回転させながら、6mm巾の輪ゴム2本の復元力で飛ばします。 …

続きを読む

ボトル万華鏡

出てこな~い       なら中を覗いてごらん  炭酸飲料のボトルに、万華鏡(テレイドスコープ)を入れてみました。中に入れた万華鏡は、表面反射鏡を使った、正三角形、三枚組合わせで、凸レンズを使った、望遠鏡タイプです、離れたものが、いっぱい見えます。                                        …

続きを読む

静電発電機

ビリッ   とくる感じは嫌ですよネ  嫌われものの静電気ですが、上手に付き合えば、いろいろと面白いことをしてくれます。 その静電気を作る、発電機を、ADム-ア著、高野文彦訳、「静電気の話」 を参考にして、学校の、理科室にあるような、ものものしい形でなく、自宅のテーブルの上で、手軽に遊んだり、実験ができるように、箱型に作りました…

続きを読む