CDVD独楽

ゴミになってきた、CD、DVD。 捨てる前に、独楽にして遊ぼうと、作ったものです。 カラフルに印刷されたものは、回すと色が混ざって、虹のようなグラデーションになり、綺麗ですよ。 ご覧になった方が「どんぐり独楽」ですか?と聞かれますが、これは木の丸棒を約3cmに切って、中心に心棒をとおし、回しながら加工しています、仕上げはニスを使いました。 CD、DVDを、あれこれと、取り替え…

続きを読む

ヤー治郎兵衛さん南はどちらですか

            自転車のスポークを、弓なりに曲げて作った弥次郎兵衛ですが、スポークに、着磁していますので、南北を指して止まり、簡単な方位磁石になっています。 乗っている台ですが、瓶の蓋と、傘の軸、その上にM4のナットが付いていいます。 ナットは台を他のことにも使えるようにと、付けました。 この弥次郎兵衛では、六角ボルトを使っていますが、他に、横木を付けるとか、軸を延長…

続きを読む

永久独楽

昔からあった永久独楽(永久と言っても、使っている電池が無くなれば?、電池は有るんですよね?、まあ電池の電気が弱くなれば止まリます)ですが、もう少し大きい独楽を回せないかと作ったのが、この独楽と台です。 台の中には、手巻きのコイルとトランジスタ1ヶ、電源に9ボルトの電池が入っています。 独楽はアクリルの円盤に、ネオジム磁石(一番大きい独楽で直径5mm、厚さ3mmの磁石を6ヶ)を埋め…

続きを読む

変形鏡映図

昔、昔、その昔、写真印画法を利用しで作った「変形鏡映図」(アナモルフォーシス)です。 変な絵を、円柱形の鏡に映して見ると、まともに見えると言うものですが、今、便利に使っているパソコンが、世に姿を現す以前に、写真の引き伸ばし機を使って作りました。 現在では、アナモルフォーシスを作るソフトも有ります。                   どなたの似顔絵でしょうかね~ {%ブ…

続きを読む

大型カンカン独楽

カンカン独楽とよんでいますが、使っている材料は、送風機と、モータの、ケーシングの部品を組み合わせ、8mmのシャフトを通して、上の握りは木で作っています。 仕上げは、金属の部分は合成樹脂塗料、木の部分はウレタンニスを使いました。 大きさは、直径18cm、高さ15cm、重さは、650gです。 握りを持って、紐を巻いて引っ張る、糸引き独楽の種類になります。 回っている時間は、長さ120…

続きを読む

静電気タワー

パチッ. とくる静電気ですが、下の動画のようなことも、してくれます。 上の動画で弥次郎兵衛が回っているのが「ハミルトンの風車」(「ハミルトンのはずみ車」とも言います)で、一種のイオンエンジンでしょうか。 その下が「フランクリン モータ」で、これは、いま使われている電気モータが出来る前に、凧を使って、雷が静電気の放電現象であることを発見した、アメリカのベンジャ…

続きを読む

踊るバクテリア

おもちゃと言うか、なんと言うか、変なものです 箱の中と、薬のカプセルで作った、巨大バクテリアに仕掛けがあります。 箱の中には、ACアダプターのトランスを改造した電磁石、デジタルICを使ったインバータ、トランジスタ、タイマー、振動スイッチ、などを組み合わせた,電子回路が入っていて、単3電池2本を使って、電磁石のS極、N極を、交互に変えるようにしてあります…

続きを読む

さかフック

いろいろと,材料道具が部屋いっぱい、天井にもぶら下げるしまつ、それでもまだ場所がほしい、そんなこんなで作ったのが、さかフック。 ゴミになっているビニール傘、手を加えて逆さまにぶら下げて、骨の数だけフックになり、くるくる回せるので引っ掛けたり外したりも楽にでき、便利に使っています。                                          …

続きを読む

風船オルガン

ピアニカ、ゴム風船、ビニール浮き輪用ポンプ、この三つを三又ジョイントでつないで、ポンプを足元に置くと、足踏み式のオルガンになりました。 風船を使わないで、ポンプをピアニカに、つないでもよいのですが、空気が途切れますので、空気を風船に貯めながら、ピアニカにおくります。 音の強弱は、風船を押さえて強く、風船の口元を指でつまんで、弱くすることができます。 三又ジョイントは、ペン軸と、ペッ…

続きを読む