がちゃ子

田畑の鳥害を防ぐのに、鳴子と言うものがありましたが、其れと似たようなものを空き缶で作りました。 作った動機は、イベント「子どもひろば」で、組み分けした三つの空き缶を、ばらばらにならないように、凧糸で縛って束ねていたものを、子どもたちが凧糸を持って上下に動かし、カランカランコロンと新しい遊びを考えました。 タイミングよく音を出せる子と、要領がつかめず、カラガチャガチャとなる子といろいろ…

続きを読む

ボスも震えるビックリ缶

人を驚かす、いたずらグッズです、びっくりした人に、あとで これ何、あ~驚いた と笑ってもらえる程度の悪戯です。 BOSSの缶コーヒ、上から飲まないで、下から飲みます。 昔はジユースの缶詰、上に二つ穴をあけて飲みました、缶用の穴を明ける道具も有りました。 プルトップが開いていないので、コーヒが入っているように見えます。 底を開けて、中に…

続きを読む

ちょっ灯

夜中の目覚めとか、押し入れの中の物捜しなど、ちょっと明かりがほしいときに、消し忘れのない、ランプです 丸いあたまを、ポンと押せば、豆電球が灯り、 約40秒後に、自然に消えます。 単3電池2本を使った、懐中電灯のような物ですが、トランジスタ2ヶと、抵抗、コンデンサを組み合せた、電子回路が入っています。電子回路について、専門的な知識はありませんが、図書館に行けば…

続きを読む

カンペンギター

どこでも音楽、どこでも楽器、どこでもギター。 またまた、また楽器になってしまいましたが、超簡単な輪ゴムギターです。 どんな音が出るか、聴いて戴けますか。 カンペンケースの中を空にして、長手方向に、16番の輪ゴムを掛け、ネオジム磁石を埋め込んだサドルを、ケースにくっ付け、その上に輪ゴムを乗せます。 輪ゴムのサドルに近い所を、指で弾くと、輪ゴムの振動がサドルを介して、ケースが共鳴…

続きを読む

カンブラベル

またまた楽器ですが、空き缶を使った「チュウブラベル」でない「カンブラベル」です。 (チュウブラベルは「のど自慢」の合格、不合格の鐘の音に使われている楽器です) LPGのカセットボンベなどの、圧力缶の上下を抜き、口のところに、ペットボトルのネジの部分を付けて、架台に埋め込んだ、ペットボトルの蓋にねじ込んで、ぶら下げてあります。 音合わせは、缶をつないで長くしたり、切り詰めて短くしたり…

続きを読む

カンリバ

クッキーの空き缶を共鳴箱に利用した「カリンバ」です。 (カリンバはアフリカの楽器で「サンザ」「ムビラ」「親指ピアノ」等いろいろ名称があり、オルゴールのルーツとも言われています)                                               元ブログ(2010/06/02Up)から引越し。        創るたのし…

続きを読む

チャカポコ

空き缶を叩けば音が出ますが、写真の空き缶の音はだいぶ違います。   音を聞いてみてください。 缶底を内側から丸い棒で押して、出っ張りを作ります。 この出たところを押すと、ポコンと音が出ます、更に缶の開口部に手のひらを添えて、開口面積を加減しながら押すと、この様な音の出る楽器になりました。     さぁーて、この楽器は分類上、弦楽器?管…

続きを読む

親子鳴り独楽

今回も空き缶で作った鳴り独楽です。 前の鳴り独楽は大きな音でしたが、初めの音と、二回目の音の間に、無音の時間ができます、連続して音が出ないかと作ったのが、この「親子鳴り独楽」です。 鳴り独楽の音の出る仕組みは、缶に開けた穴に空気が当り、振動して音になりますが(笛、ホイッスルなどと同じ)、缶の径、穴の大きさ、穴の数、材質、回転数、等に関係が有るようです。 鳴り独楽を、大小いろいろ作っ…

続きを読む

鳴り独楽

空き缶で作った鳴り独楽で、木の鳴り独楽と違って、おっそろしく大きな音がします。 ただ2回鳴りで、3回目は微かに聞こえるかなー?です。 (鳴り独楽では、一回鳴り、二回鳴り、三回鳴りと、音が出ては音が消え、また音が出る、を繰り返します、その原因は、よく分かりません。) 回し方は、糸引き独楽の種類で、凧糸をプーリー部に巻いて、引きます。 独楽の回る向きは、左回り右回り、どちらでも同じよ…

続きを読む

かん琴

空き缶の底を叩くと音がでますが、高い音、低い音,澄んだ音、濁った音、いろいろあります。 数を並べて音階を作ると、楽器になります、音階を作る方法に。 大きいの、小さいの、形の違い、スチール板の厚いの、薄いのなど、数をたくさん集めて、その中から選び出す方法。 缶の底を硬いもので叩き、少しずつ音を高くして合わせる方法。 また水を入れて叩く方法などいろいろ有りますが。 この「かん琴…

続きを読む