マクスウェルの独楽

縁起が良いと言われる独楽です。 「すじが通って一本立ち、知恵が回ればお金も回る、形も丸く円満に、辛抱強く倒れない」ですが、それに加えてこの独楽は、回転が止まっても、倒れません、回転台の上から落ちません。 このマクスウェルの独楽は、独楽の重心と独楽の支点が同じ位置になるように作られた独楽で、回転台の上で回します。 普通の独楽が、軸が傾いたときに、その軸の先が円を描く、味噌すり運動があ…

続きを読む

CDVD独楽

ゴミになってきた、CD、DVD。 捨てる前に、独楽にして遊ぼうと、作ったものです。 カラフルに印刷されたものは、回すと色が混ざって、虹のようなグラデーションになり、綺麗ですよ。 ご覧になった方が「どんぐり独楽」ですか?と聞かれますが、これは木の丸棒を約3cmに切って、中心に心棒をとおし、回しながら加工しています、仕上げはニスを使いました。 CD、DVDを、あれこれと、取り替え…

続きを読む

永久独楽

昔からあった永久独楽(永久と言っても、使っている電池が無くなれば?、電池は有るんですよね?、まあ電池の電気が弱くなれば止まリます)ですが、もう少し大きい独楽を回せないかと作ったのが、この独楽と台です。 台の中には、手巻きのコイルとトランジスタ1ヶ、電源に9ボルトの電池が入っています。 独楽はアクリルの円盤に、ネオジム磁石(一番大きい独楽で直径5mm、厚さ3mmの磁石を6ヶ)を埋め…

続きを読む

大型カンカン独楽

カンカン独楽とよんでいますが、使っている材料は、送風機と、モータの、ケーシングの部品を組み合わせ、8mmのシャフトを通して、上の握りは木で作っています。 仕上げは、金属の部分は合成樹脂塗料、木の部分はウレタンニスを使いました。 大きさは、直径18cm、高さ15cm、重さは、650gです。 握りを持って、紐を巻いて引っ張る、糸引き独楽の種類になります。 回っている時間は、長さ120…

続きを読む

心棒のない独楽(コマ)

心棒のない独楽といえば「ベーゴマ」「たたきゴマ」「吹きゴマ」「ベイブレード」などが有りますが、写真の独楽も上の心棒が有りません。 お年寄りの方が「辛抱の無いのはだめだ」???と言われますが、写真の独楽は、4~5分以上回り続けます。 この独楽(一つは違う)は、空き缶を利用して作ったもので、カンカン独楽と呼んでいます。 回し方は、また今度お話しします。                …

続きを読む